2012年04月02日

Camera+ 2.4VSを使って撮影してみた。




桜、花見ができるくらい咲きました。

といっても一分咲き?
でも、桜の木によっては結構、咲いているのもある。
今度はCamera+ 2.4VSというアプリを使って撮影。
こんな感じ。

20120402sakura002.JPG
飛鳥山公園の博物館前の小山と桜。
子どもたち、おおはしゃぎ。


20120402sakura001_.JPG
音無川(石神井川)、この付近でもっとも早く咲く桜の木。
ほかはまだ蕾ばかりだが、この桜は五分咲き?
近所の人が、
「朝咲いてなかったけど、今、咲いているわねえ」
と驚いていた。
数時間で開くらしい。


今回は、Camera+ 2.4VSの使い方がわからないままに使用。
焦点を合わせるところをタップして撮影。
それをEDITのClarityで編集。

これのサイズを小さくしてパソコンに送信したいが、
Simple Resizeで小さくするとなんか画像がぼやけてヘンになる。
仕方ないので、大きいままメールで送ろうとすると、
その途端に、小さくしますか?、というような親切なポップアップが出た。
ほう、じゃあ、小さくします、ということで送信。
その結果が、上の写真。
もう少し明るくしたかったが、まあまあでしょうか。


少しアプリのことを勉強しておこう。
ここにCamera+ 2.4VS と プロカメラの比較が書いてある。
http://d.hatena.ne.jp/Digi-Penguin/20120204/1328376868
どうもCamera+ 2.4VSは使いやすさを追求していて
プロカメラというアプリは、マニア向けということらしい。


ここにはCamera+ 2.4VSの使い方が載っている。
●「今更Camera+がスゴい」
http://decide.matium.org/archives/2012/03/cameraplus_first
まとめるとこんな感じ。
@2本の指で画面を触ってピンチするように離すと、
 □印はフォーカス、○印は露出のマークが画面に現れる。

A□を動かしてフォーカスを合わせ、○を動かして露出を合わせる部分を選択。
Bズームは、画面上のバーを操作。
Cシャッターを切る
シャッターは4種類ある。
Normal、Stabilizer、Timer、Burst
Stabilizerは手のブレが収まったとき、シャッターを切ってくれる。
Burstは連射撮影。


というところで、あとは編集。
今回は「Clarity」 を使ったが、まだいろいろあるらしい。
それはまた勉強しよう。
85円のアプリだが、いろいろあるのねええええ。



posted by keiko at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261952384

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。